住宅リフォームの業者・職人を探すならええ職人ドットコムの検索・紹介システム。職人をご紹介します。 サイト内検索
住宅リフォームの職人・大工を探す検索・紹介ナビサイト<ええ職人ドットコム> 空白
空白
会社概要リフォーム職人・リンク集プライバシーポリシー住宅リフォーム職人のログイン画面
お問合せは0120-292-801
メニューバー ええ職人ドットコムのトップページ ご利用方法 よくある質問 リフォーム職人求人情報 職人登録のご案内 住宅リフォームのお問合せと指名!
  1. HOME
  2.  > 住所から探す
  3.  > 千葉県周辺の職人紹介
  4.  > 工事から探す
  5.  > 大工さんの職人紹介
  6.  > 林由夫のプロフィール
  7.  > 千葉県成田市  マンションリフォーム

千葉県成田市  マンションリフォーム

→前の画面に戻る
職人プロフィール 施工例 お客様の声
区切り帯
大工  林由夫の施工例
  • 築40年以上の分譲マンションをリフォームで賃貸に!

以前、一戸建てのトイレリフォームの作業を取材させていただいた、千葉県の大工「タスカット」の林由夫さん。先日、マンションリフォーム工事が完了したとのことで、取材に伺いました。
現場は千葉県成田市。築40年以上の古い分譲マンションの1室で、約14坪、2LDKと、2〜3人の家族向きです。外観からも古さが伝わりますが、マンション自体は強固な鉄筋コンクリート造。内装をきれいにリフォームして、賃貸にするそうです。
写真右下は、図面と仕様書、工程表。林さんはリフォームのプランを決定し、協力業者を手配。水まわりと電気工事以外の作業はすべて行ないました。
施工例写真1
施工例写真2 現場は成田市の中心部から車で10分ほどのところにあるマンションの1階です。マンション群全体の設計が古く、エレベーターもありませんが、1階なら賃貸の需要は高いといえます。玄関の鉄扉はいかにも頑丈。取り替えることができないので、玄関の色に合わせて内側を塗装しています。
室内を見ると、むき出しになった排水管や、今ではあまり見られないタイプのガス栓など、随所に昔の設計が見受けられます。鉄筋コンクリート造であるために、これらは撤去することができません。この現場に限らず、マンションリフォームは制限が多いものなんです。それが林さんの腕でどのように生まれ変わったのか、まずはLDKから見ていきましょう!
玄関右手の引き戸を開けると広いLDKが現れます。ホワイト系で統一された壁と床が、実際の床面積以上の広さを感じさせます。
キッチンは従来のものを撤去し、新たに設置。キッチンまわりの壁には化粧板を貼り、清掃性を高めています。こうした設備品も、林さんのセレクト。予算を念頭に置いて、部屋の雰囲気にあったものを選んでいます。
キッチン前面の壁には、コンセントを増設。炊飯器や電気ポットなど、電気製品をいくつも使う場所ですから、コンセントは近くにあったほうが使い勝手がいいですよね。たくさんの現場を経験してきた林さんならではの気配りです。
施工例写真3
施工例写真4 ところでこのLDK、古い設計の割には1室が広いと思いませんか? 実はこの部屋、間仕切り壁を抜いて2部屋をつなげたのです。鉄筋コンクリート造のこの建物では、間仕切り壁は耐力壁ではないので、抜くことが可能なんですね。
よく見ると、部屋の中央部を境に、フローリングの色が微妙に違っています。フローリングを全面貼り替えるほうがきれいに仕上がりますが、ここは予算との兼ね合い。林さんは「使えるものは利用する」という方針で、今回のマンションリフォームを行なったとのことです。
LDK奥の大きな引き戸は、ふすまをリフォームしたもの。敷居周りを上手に活用して、木製の引き戸に交換しました。
次は玄関右手奥にある、4畳半の和室。LDKと同様に、壁のクロスを貼り替え、天井を塗装して、統一感をもたせています。経年変化で黒ずんでいた長押や廻縁の木部を漂白したことで、部屋全体の色調も明るくなっていますね。
襖の張り替えは専門業者に依頼しましたが、押入れ内部のベニア板は林さんが貼ったとのこと。ここでも、「使えるものは利用する」で、傷みがほとんどない面は、従来のままにしてあります。
ちなみに、畳は表替え(表面のゴザを交換すること)を専門業者に依頼。当然のことながら、交換するより安く済ませることができます。
施工例写真5
施工例写真6 続いて拝見したのは、LDKと繋がっている6畳半の洋室です。もともと畳貼りの和室だったのですが、フローリングを貼り、押入れをウォークインクローゼットにリフォームして洋室に生まれ変わりました。かつて和室だったことをまったく感じさせない仕上がりですね!
先ほどの和室では、押入れは天井と壁のべニア板を貼り替えただけでしたが、こちらは床をフローリングに、壁と天井に化粧ボードを貼ってあります。和室より手間がかかっていることもあって、林さん自身も納得の仕上がりです。
こちらの洋室と、先ほどの和室。元はどちらも同じ和室だったのに、雰囲気がガラッと変わっているのは、フローリングや引き戸だけのせいではありません。洋室の長押は白く塗装されていて、これが雰囲気づくりにひと役買っているんです。
林さん曰く「「カラーが大事」。長押の色ひとつでここまで変わってしまうんですね!
なお、洋室なら長押自体を撤去するという手もあるのですが、この部屋では長押の裏が配線のスペースとなっているため、残しておく以外に方法がありませんでした。これも、古い設計の鉄筋コンクリート造マンションリフォームを行なう際の、制限のひとつなんですね。
施工例写真7
施工例写真8 最後に拝見したのは、洗面所とトイレ、浴室。いずれも、壁を動かせないという制限のなかで、使い勝手がよくなるようにリフォームされています。
浴槽は、古いバランス釜と呼ばれる風呂釜をボイラーに交換。バランス釜がなくなったぶん、浴槽を広くできます。同時に、1台のボイラーからキッチンにも給湯できるようになりました。
築40年以上の住み心地が悪い部屋を、ここまで快適に過ごせる部屋にリフォームできたのは、腕と経験のある大工である林さんだからこそ。これなら賃貸としてまだまだ活用できますね! 築年数の長い分譲マンションリのフォームをお考えの方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか?
→この職人さんのプロフィールはこちら

◆ その他の施工例もクリック!

千葉県成田市
トイレリフォーム
千葉県成田市
マンションリフォーム
大工  林由夫の施工例
区切り帯
職人プロフィール 施工例 お客様の声

  1. HOME
  2.  > 住所から探す
  3.  > 千葉県周辺の職人紹介
  4.  > 工事から探す
  5.  > 大工さんの職人紹介
  6.  > 林由夫のプロフィール
  7.  > 千葉県成田市  マンションリフォーム

お気に入りの職人さんが見つかったら、メールかお電話でご連絡ください。指名された職人さんから直接ご連絡いたします。仲介手数料は一切かかりません。
お気に入りの職人さんが見つかったら、メールかお電話でご連絡ください。指名された職人さんから直接ご連絡いたします。仲介手数料は一切かかりません。
このページのトップに戻る

Copyright (C) ee-shokunin.com. All Rights Reserved. by seo