住宅リフォームの業者・職人を探すならええ職人ドットコムの検索・紹介システム。職人をご紹介します。
  • 会社概要
  • リフォーム職人・リンク集
  • プライバシーポリシー
  • 住宅リフォーム職人のログイン画面
お問合せは0120-292-801
スマホメニュー
フリーダイヤル 0120-292-801
余白
  1. HOME
  2.  > 住所から探す
  3.  > 神奈川県周辺の職人紹介
  4.  > 工事から探す
  5.  > 屋根・板金屋さんの職人紹介
  6.  > 濱田和則のプロフィール
  7.  > 横浜市  屋根の修繕・リフォーム

横浜市  屋根の修繕・リフォーム

  • 住宅リフォームの職人・大工を探す検索・紹介ナビの職人インデックス
  • 施工例
区切り帯
プロフィール
施工例
評判
職人を指名
屋根・板金屋  濱田和則の施工例
  • 雨漏りの心配なし! 工夫を凝らした施工で屋根を全面リフォーム!


  • 施工例写真1
    神奈川県秦野市の屋根・板金屋、「株式会社縁和」の濱田和則(はまだ・かずのり)さん。
    職人歴18年のベテランです。

    屋根の葺き替え工事やカバー工法(重ね葺き)、部分工事に加え、外壁のサイディング施工など、建築板金全般に対応してくれます。
    協働する職人さんとのネットワークで、内外塗装や解体工事、クロス張替え、キッチン・トイレリフォームなど、幅広くリフォーム工事を請け負っています。

    大きな写真、右側が濱田さん。
    左は、今回お邪魔した現場で協働する原島さんです。
    神奈川県秦野市の屋根・板金屋、「株式会社縁和」の濱田和則(はまだ・かずのり)さん。
    職人歴18年のベテランです。

    屋根の葺き替え工事やカバー工法(重ね葺き)、部分工事に加え、外壁のサイディング施工など、建築板金全般に対応してくれます。
    協働する職人さんとのネットワークで、内外塗装や解体工事、クロス張替え、キッチン・トイレリフォームなど、幅広くリフォーム工事を請け負っています。

    大きな写真、右側が濱田さん。
    左は、今回お邪魔した現場で協働する原島さんです。

  • 施工例写真2
    今回、拝見したのは神奈川県某所の現場。
    台風の影響で傷んだ屋根を、カバー工法でリフォームするそうです。

    昨年(2019年)の台風では、多数の家屋で屋根の損壊がありました。
    現在(2020年2月)の段階でも、まだ屋根の補修が済んでいない家屋が見られ、濱田さんも多数の依頼を受けているそうです。

    ちなみに濱田さんの出張エリアは、横浜市・川崎市・相模原市を中心とした神奈川県全域。
    東京都・千葉県への出張も相談に応じているそうです。
    今回、拝見したのは神奈川県某所の現場。
    台風の影響で傷んだ屋根を、カバー工法でリフォームするそうです。

    昨年(2019年)の台風では、多数の家屋で屋根の損壊がありました。
    現在(2020年2月)の段階でも、まだ屋根の補修が済んでいない家屋が見られ、濱田さんも多数の依頼を受けているそうです。

    ちなみに濱田さんの出張エリアは、横浜市・川崎市・相模原市を中心とした神奈川県全域。
    東京都・千葉県への出張も相談に応じているそうです。

  • 施工例写真3
    ところで、屋根のリフォームには、大きく分けてふたつの方法があります。
    ひとつは「葺き替え」、もうひとつが「カバー工法」です。

    「葺き替え」は、既存の屋根材(野地板や防水紙なども)を撤去し、新しく屋根を設置する工法。
    対して「カバー工法」は、既存の屋根の上に、防水紙と屋根材を設置する工法です。

    濱田さんの説明によると、「カバー工法のほうが解体費用や撤去した屋根材の廃棄費用がかからないぶん、費用が安く抑えられる」とのこと。
    また、撤去の手間が不要なので、工期も短縮できるんだとか。
    こうしたことから、近年、屋根のリフォームは「カバー工法」が主流になっているそうです。
    ところで、屋根のリフォームには、大きく分けてふたつの方法があります。
    ひとつは「葺き替え」、もうひとつが「カバー工法」です。

    「葺き替え」は、既存の屋根材(野地板や防水紙なども)を撤去し、新しく屋根を設置する工法。
    対して「カバー工法」は、既存の屋根の上に、防水紙と屋根材を設置する工法です。

    濱田さんの説明によると、「カバー工法のほうが解体費用や撤去した屋根材の廃棄費用がかからないぶん、費用が安く抑えられる」とのこと。
    また、撤去の手間が不要なので、工期も短縮できるんだとか。
    こうしたことから、近年、屋根のリフォームは「カバー工法」が主流になっているそうです。

  • 施工例写真4
    もちろん、カバー工法も万能ではありません。

    ひとつめに挙げられるのが、瓦の屋根には向かないということ。
    また、屋根が激しく損壊・劣化している場合は、まず補修をしなければならないことを知っておきましょう。

    自然災害の影響がなくとも、屋根は年々傷んでいきます。
    施主のお宅で使われていたアスファルトシングルは10~20年、スレートは20~30年、ガルバリウム鋼板は25~35年というのが、一般的にいわれる「屋根材の寿命」です。
    ご自宅の屋根にどんな屋根材が使われているかを確認し、傷んで雨漏りなどが起きてしまう前にリフォームすることが大切ですね!
    もちろん、カバー工法も万能ではありません。

    ひとつめに挙げられるのが、瓦の屋根には向かないということ。
    また、屋根が激しく損壊・劣化している場合は、まず補修をしなければならないことを知っておきましょう。

    自然災害の影響がなくとも、屋根は年々傷んでいきます。
    施主のお宅で使われていたアスファルトシングルは10~20年、スレートは20~30年、ガルバリウム鋼板は25~35年というのが、一般的にいわれる「屋根材の寿命」です。
    ご自宅の屋根にどんな屋根材が使われているかを確認し、傷んで雨漏りなどが起きてしまう前にリフォームすることが大切ですね!

  • 施工例写真5
    取材に訪れたのはお昼過ぎ。
    屋根の片面は、すでに施工が終わっており、残り半分を仕上げる予定です。

    電動スライド式荷揚機を使い、ときに人力で資材を運び上げ、勾配のきつい屋根の上で作業。
    濱田さんは冗談交じりに「命がけです」とおっしゃいますが、確かにこの道のプロでなければまともに作業などできないでしょう。

    濱田さんが取り掛かったのは、軒先に取り付ける「唐草」と呼ばれる部材の取り付け。
    屋根の寸法に合わせてカットし、ビスで留めていきます。
    取材に訪れたのはお昼過ぎ。
    屋根の片面は、すでに施工が終わっており、残り半分を仕上げる予定です。

    電動スライド式荷揚機を使い、ときに人力で資材を運び上げ、勾配のきつい屋根の上で作業。
    濱田さんは冗談交じりに「命がけです」とおっしゃいますが、確かにこの道のプロでなければまともに作業などできないでしょう。

    濱田さんが取り掛かったのは、軒先に取り付ける「唐草」と呼ばれる部材の取り付け。
    屋根の寸法に合わせてカットし、ビスで留めていきます。

  • 施工例写真6
    濱田さんが、ほかの屋根屋と少し違うのは、金属加工ができること。

    カバー工法では、屋根材にガルバリウム鋼板を使うのが一般的ですが、普通は2~4mの板をつなげて施工します。
    それに対し、濱田さんは屋根の寸法に合わせた1枚板で施工することが可能。
    山(縦リブ)づけも自分で行ない、施工現場・施工法に合った資材を作っています。

    1本ものを使うメリットは、つなぎ目から水が浸入するリスクが抑えられること。
    もちろん、1本ものでなくとも正しく施工がなされていれば問題はないのですが、「絶対に雨漏りはさせない!」という濱田さんのこだわりが、こうした施工方法にも表れているんです。
    濱田さんが、ほかの屋根屋と少し違うのは、金属加工ができること。

    カバー工法では、屋根材にガルバリウム鋼板を使うのが一般的ですが、普通は2~4mの板をつなげて施工します。
    それに対し、濱田さんは屋根の寸法に合わせた1枚板で施工することが可能。
    山(縦リブ)づけも自分で行ない、施工現場・施工法に合った資材を作っています。

    1本ものを使うメリットは、つなぎ目から水が浸入するリスクが抑えられること。
    もちろん、1本ものでなくとも正しく施工がなされていれば問題はないのですが、「絶対に雨漏りはさせない!」という濱田さんのこだわりが、こうした施工方法にも表れているんです。

  • 施工例写真7
    それでは作業を続行……といきたいところでしたが、午後から風が強くなり、作業はストップ。
    予報でも、これから風がさらに強まるとのことで、この日はここで終了することになりました。

    次回の作業までのあいだ、資材が飛んだり、屋根が傷んだりしないよう、しっかり養生などを行なう濱田さん。
    工具類を荷揚機で降ろし、自身も屋根から降りて、ほっとひと息。
    通常であれば一日で終わる工事とのことですが、「安全第一」ですからね!
    それでは作業を続行……といきたいところでしたが、午後から風が強くなり、作業はストップ。
    予報でも、これから風がさらに強まるとのことで、この日はここで終了することになりました。

    次回の作業までのあいだ、資材が飛んだり、屋根が傷んだりしないよう、しっかり養生などを行なう濱田さん。
    工具類を荷揚機で降ろし、自身も屋根から降りて、ほっとひと息。
    通常であれば一日で終わる工事とのことですが、「安全第一」ですからね!

  • 施工例写真8
    最後に、今回は残念ながら拝見できなかった、今後の施工の流れをざっと説明しておきましょう。

    大きな写真の左側は、当日午前中の工事で屋根材の設置までが終了した側の屋根。
    屋根全面に屋根材を設置したら、棟(屋根面同士が合わさるところ) 部分は、貫板を使わず、板金を加工して取り付ける「掴み棟」で仕上げます。最後にコーキング処理を施して完了です。

    見栄えが良くなるのはもちろん、耐久性がアップし、雨漏りの心配もなくなる屋根のリフォーム。
    そろそろ寿命かな?と思われている方は、一度、株式会社縁和の濱田さんに相談してみてはいかがでしょうか?

    *取材・文=加藤康一(Freewheel Inc.)
    最後に、今回は残念ながら拝見できなかった、今後の施工の流れをざっと説明しておきましょう。

    大きな写真の左側は、当日午前中の工事で屋根材の設置までが終了した側の屋根。
    屋根全面に屋根材を設置したら、棟(屋根面同士が合わさるところ) 部分は、貫板を使わず、板金を加工して取り付ける「掴み棟」で仕上げます。最後にコーキング処理を施して完了です。

    見栄えが良くなるのはもちろん、耐久性がアップし、雨漏りの心配もなくなる屋根のリフォーム。
    そろそろ寿命かな?と思われている方は、一度、株式会社縁和の濱田さんに相談してみてはいかがでしょうか?

    *取材・文=加藤康一(Freewheel Inc.)

  • 施工例写真9
    そして撮影後日に濱田さんより完成までの工程写真を頂きました♪

    残り半分まで葺き終わっています。
    そして撮影後日に濱田さんより完成までの工程写真を頂きました♪

    残り半分まで葺き終わっています。

  • 施工例写真10
    そして玄関の屋根と二階の屋根が仕上がりました!
    そして玄関の屋根と二階の屋根が仕上がりました!

  • 施工例写真11
    完工写真①
    完工写真①

  • 施工例写真12
    完工写真②
    完工写真②

  • 施工例写真13
    完工写真③

    どの完工写真も濱田さんの丁寧な仕事ぶりが伺えますね♪
    板金、屋根のことなら是非、株式会社縁和の濱田さんをご指名ください♪
    完工写真③

    どの完工写真も濱田さんの丁寧な仕事ぶりが伺えますね♪
    板金、屋根のことなら是非、株式会社縁和の濱田さんをご指名ください♪


この職人さんと直接お話しできます。お電話の場合は0120-292-801、メールの場合はクリック

屋根・板金屋  濱田和則の施工例
区切り帯
  • 住宅リフォームの職人・大工を探す検索・紹介ナビの職人インデックス
  • 施工例
→前の画面に戻る

この職人さんと直接お話しできます。お電話の場合は0120-292-801、メールの場合はクリック

  1. HOME
  2.  > 住所から探す
  3.  > 神奈川県周辺の職人紹介
  4.  > 工事から探す
  5.  > 屋根・板金屋さんの職人紹介
  6.  > 濱田和則のプロフィール
  7.  > 横浜市  屋根の修繕・リフォーム

お気に入りの職人さんが見つかったら、メールかお電話でご連絡ください。指名された職人さんから直接ご連絡いたします。仲介手数料は一切かかりません。
お気に入りの職人さんが見つかったら、メールかお電話でご連絡ください。指名された職人さんから直接ご連絡いたします。仲介手数料は一切かかりません。
このページのトップに戻る
このページのトップに戻る

LINE @ee-shokunin 新着施工例配信中!