住宅リフォームの業者・職人を探すならええ職人ドットコムの検索・紹介システム。職人をご紹介します。
  • 会社概要
  • リフォーム職人・リンク集
  • プライバシーポリシー
  • 住宅リフォーム職人のログイン画面
お問合せは0120-292-801
スマホメニュー
フリーダイヤル 0120-292-801
余白
  1. HOME
  2.  > 住所から探す
  3.  > 京都府周辺の職人紹介
  4.  > 工事から探す
  5.  > 看板屋さんの職人紹介
  6.  > 梅田勉のプロフィール
  7.  > 京都市伏見区  テント張り替え

京都市伏見区  テント張り替え

  • 住宅リフォームの職人・大工を探す検索・紹介ナビの職人インデックス
  • 施工例
区切り帯
プロフィール
施工例
評判
職人を指名
看板屋  梅田勉の施工例
  • フレームは塗り替え!テントは張り替え!


  • 施工例写真1
    京都市伏見区で店舗看板製作と設置を終え、引き続きテント張り替えの施工が行われました。

    飲食店正面の入り口上に設置された、既存のフレームを使用してのテント張り替えになります。

    フレームには錆止めも兼ねたペンキ塗装が事前に施されています。

    持ち込まれたテント生地は、今日の張り替えに備えて、フレームサイズにピッタリ合うように、裁断・縫製・ハトメ取り付け(テント生地をフレームに固定する為の穴)が施されており、スタッフさんにより手際よくフレームに広げられていきます。
    京都市伏見区で店舗看板製作と設置を終え、引き続きテント張り替えの施工が行われました。

    飲食店正面の入り口上に設置された、既存のフレームを使用してのテント張り替えになります。

    フレームには錆止めも兼ねたペンキ塗装が事前に施されています。

    持ち込まれたテント生地は、今日の張り替えに備えて、フレームサイズにピッタリ合うように、裁断・縫製・ハトメ取り付け(テント生地をフレームに固定する為の穴)が施されており、スタッフさんにより手際よくフレームに広げられていきます。

  • 施工例写真2
    一般的にはビニールと簡単に言われがちですが、使用されるテント生地は合成繊維で編み込まれた生地素材に樹脂がコーティングされており、野外での長期間の設置使用に適した耐候性と引裂き強度に優れたテント生地です。

    左上写真はグラスファイバー棒をテント生地に通す様子です。

    今回は既に設置済みのフレームを再利用してるので、壁側に接するテント生地を固定する為の吊りマウントが無い為、テント生地に通されたグラスファイバー棒にフレームの穴から通した針金を巻き付けてテント生地を固定するそうです。
    一般的にはビニールと簡単に言われがちですが、使用されるテント生地は合成繊維で編み込まれた生地素材に樹脂がコーティングされており、野外での長期間の設置使用に適した耐候性と引裂き強度に優れたテント生地です。

    左上写真はグラスファイバー棒をテント生地に通す様子です。

    今回は既に設置済みのフレームを再利用してるので、壁側に接するテント生地を固定する為の吊りマウントが無い為、テント生地に通されたグラスファイバー棒にフレームの穴から通した針金を巻き付けてテント生地を固定するそうです。

  • 施工例写真3
    テント前面は吊りマウントとハトメ穴に紐が通されて固定されていきます。

    大きなテント生地表面にシワが寄ってしまわないように表面を確認しつつ紐を通し、同時に張り具合も注意しながら徐々にテンションを掛けていきます。

    こちらの作業はスタッフの「窓野さん」が担当されました。
    テント前面は吊りマウントとハトメ穴に紐が通されて固定されていきます。

    大きなテント生地表面にシワが寄ってしまわないように表面を確認しつつ紐を通し、同時に張り具合も注意しながら徐々にテンションを掛けていきます。

    こちらの作業はスタッフの「窓野さん」が担当されました。

  • 施工例写真4
    全てのハトメ穴に紐が通され、グラスファイバー棒とフレームの固定も終わった後、テント上部から壁を伝って雨水が入らないように、雨トイとテント生地の位置を確認・調整します。

    そして最後にテント生地両端をボルトで更に固定して、本日のテント張り替え作業が完了です

    眼に鮮やかなブルーのテント生地が気持ち良くピンと張られ美しい仕上がりとなりました。

    やはりプロのスタッフさんが手掛けた仕事は仕上がりも美しいですね!

    テント張り替え、新設テント工事の御依頼はプロの業が光る、「梅田サイン工房」さんに御相談くださいますようお願い致します。
    全てのハトメ穴に紐が通され、グラスファイバー棒とフレームの固定も終わった後、テント上部から壁を伝って雨水が入らないように、雨トイとテント生地の位置を確認・調整します。

    そして最後にテント生地両端をボルトで更に固定して、本日のテント張り替え作業が完了です

    眼に鮮やかなブルーのテント生地が気持ち良くピンと張られ美しい仕上がりとなりました。

    やはりプロのスタッフさんが手掛けた仕事は仕上がりも美しいですね!

    テント張り替え、新設テント工事の御依頼はプロの業が光る、「梅田サイン工房」さんに御相談くださいますようお願い致します。


この職人さんと直接お話しできます。お電話の場合は0120-292-801、メールの場合はクリック

看板屋  梅田勉の施工例
区切り帯
  • 住宅リフォームの職人・大工を探す検索・紹介ナビの職人インデックス
  • 施工例
→前の画面に戻る

この職人さんと直接お話しできます。お電話の場合は0120-292-801、メールの場合はクリック

  1. HOME
  2.  > 住所から探す
  3.  > 京都府周辺の職人紹介
  4.  > 工事から探す
  5.  > 看板屋さんの職人紹介
  6.  > 梅田勉のプロフィール
  7.  > 京都市伏見区  テント張り替え

お気に入りの職人さんが見つかったら、メールかお電話でご連絡ください。指名された職人さんから直接ご連絡いたします。仲介手数料は一切かかりません。
お気に入りの職人さんが見つかったら、メールかお電話でご連絡ください。指名された職人さんから直接ご連絡いたします。仲介手数料は一切かかりません。
このページのトップに戻る
このページのトップに戻る

LINE @ee-shokunin 新着施工例配信中!