住宅リフォームの業者・職人を探すならええ職人ドットコムの検索・紹介システム。コラム 折板の屋根塗り替え(メンテナンス)について/岐阜県をご紹介します。
  • 会社概要
  • リフォーム職人・リンク集
  • プライバシーポリシー
  • 住宅リフォーム職人のログイン画面
お問合せは0120-292-801
スマホメニュー
フリーダイヤル 0210-292-801
余白

折板の屋根塗り替え(メンテナンス)について/岐阜県

→前の画面に戻る
折板屋根の長所と短所
イメージ写真1
家を建てたらそれで一生涯安心というものではありません。
家や建物を長持ちさせるためには定期的にメンテナンスが必要になります。
そんなメンテナンスで大活躍しているのがペンキ屋さんです。
ペンキ屋さんとは、住宅など建物の屋根、外壁などの塗装を担当している職人さんのことです。
家や建物をつくる際にも活躍していますが、メンテナンス時にも活躍しています。

岐阜県山県市で塗装・ペンキ業を営んでいる『ヨシダ塗装』は、2000年に独立・開業しました。
ヨシダ塗装を経営している吉田さんは、塗装・ペンキ屋として30年以上もの経験と実績を誇っています。
さらに、愛知県知多市で八十八ヶ所めぐりで有名な観音様までも塗装した実績があります。
ヨシダ塗装では、屋根や外壁塗装だけでなく、クロスの上にも塗装する室内塗装も手掛けています。
また、防水工事やシーリング工事、洗い工事(洗浄)なども行っています。
そんなヨシダ塗装は『折板(せっぱん)屋根』の塗装も手掛けています。

折板屋根とは、大型建物や長尺建物の屋根に調和する、強度とコスパに優れた金属屋根の屋根工法を指しています。
こちらは金属屋根の代表的なものであり、よく倉庫や工場などの建物に使用されています。
折板屋根の主な素材は、最近流行りのガルバニウム鋼板、もしくはカラーガルバリウム鋼板です。
ガルバニウムは、比較的安いのに高い強度を持っていることで、屋根だけでなく外壁にも使用されています。
折板屋根は、長い建物に適しており、どんなに長い屋根でも対応できるのが大きな特徴です。
軽量なため、その下の建物への負担が少なく、それでいて耐震強度を高めることができること。
そして、水はけが非常に良いため、雨に強いことがメリットと言えるでしょう。

では折板屋根のデメリットはというと『耐久性が低い』ことが挙げられます。
ただ、それは防錆加工や防水加工といった加工を加えることで解消することができます。
その防錆加工や防水加工こそがペンキ屋さんの仕事です。
しかし折板屋根にそういった加工を施しても、定期的にメンテナンスを行わなければサビが出てしまいます。
そのサビを放置することで、どんどん老朽化してしまうので、定期的にペンキ屋さんに依頼することをおすすめします。
また、折板屋根のデメリットとして『断熱性が低い』ことが挙げられます。
そのため、折板屋根の建物には、屋根の内側に断熱材を多めに入れられています。
最近では、断熱性に優れたガルバニウムも登場しているので、あまり心配する必要はないでしょう。
折板屋根のメンテナンス
岐阜県山県市で塗装・ペンキ業を営んでいる『ヨシダ塗装』は、屋根や外壁、室内などさまざまな建物の塗装を担っています。
ペンキ屋さんは新築の建物にも必要な職人さんですが、建物のメンテナンスでも重要な役割を果たしています。
建物は定期的にメンテナンスを行わなくてはなりません。
建物の材質は、年月とともにサビが出たり、劣化していくものがほとんどです。
それをきちんとメンテナンスしなければ、どんどん劣化が進み、耐久性も落ちていきます。
特に常に雨風や外気に晒されている屋根や外壁は、劣化が早いと言われています。
日本には四季があります。
その中でも梅雨時期や夏、冬は建物の素材にあまり良くない季節です。

そんな屋根や外壁などをしっかりとメンテナンスしてくれるのがペンキ屋さんです。
屋根には色々な種類がありますが、その中でもガレージや物置、倉庫などによく見られるのが『折板屋根』です。
折板屋根は、建ててから15年ほどで劣化症状が見られると言われています。

折板屋根のメンテナンス方法は大きく2種類に分けることができます。
まずは『塗装によるメンテナンス』です。
屋根から雨漏りがあったり、塗膜の劣化が見られた場合は、折板屋根を塗装することで補修することができます。
そして、折板屋根の材料に孔あきによる漏水がある場合は、塗装でなく『カバー工法によるメンテナンス』を施します。
ただ、主に行われているのは『塗装によるメンテナンス』です。

~折板屋根の塗装メンテナンス~

ここでは折板屋根の塗装メンテナンスの方法(手順)を紹介したいと思います。
ただ、折板屋根だからといって変わった事をするわけではありません。
他の建物や家の屋根メンテナンスと同じような手順になるのですが、ちょっと違うのはサビの除去やサビ防止の工程が入ることです。

①高圧洗浄
ただ洗浄しただけでは、付着している汚れを落とすことができません。
そのため、高圧洗浄機を使用して汚れやゴミなどを洗い流していきます。

②研磨
塗装の仕上がりは研磨(ケレン)で決まります。
研磨とは、折板屋根を綺麗に磨くことです。
これをしっかりやることにより、塗装の密着が良くなります。

③錆止め塗装(下塗り)
本塗装をする前に、素材にサビが出ないように錆止めを塗布します。

④本塗装(上塗り)
錆止めが乾いたら、屋根にペンキを塗装します。

ボルト部分も含め、ローラーをうまく転がしながら、均一に塗り上げていきます。
屋根の塗り替えやメンテナンスは、職人の技術力により仕上がりだけでなく「持ち」にもかなりの差が出てきます。
腕利きの職人として岐阜県で有名なヨシダ塗装なら安心してお任せすることができるでしょう。
折板屋根のボルトからの雨漏りとボルトキャップ
岐阜県山県市で塗装・ペンキ屋を営んでいる『ヨシダ塗装』は、岐阜県だけでなく、愛知県にも顧客を抱えています。
その実績は30年以上、愛知県の有名な観音様の塗装をした経験もあり、名実共に腕利きの塗装屋です。
そんなヨシダ塗装は折板屋根塗装も請け負っています。
折板屋根には、ボルト部分から雨漏りが起こってしまうという弱点がありますので、定期的に塗り替えなどのメンテナンスが必要です。
今回はその折板屋根のボルトからの雨漏りについて少しお話したいと思います。

折板屋根にはガルバニウム鋼材が使用されています。
それを固定するのがボルト・ナットです。
折板屋根の建物を新しく建てた際にはそういった問題は起きないのですが、年月とともに材質が劣化して起こると言われています。
そんなボルト部分の雨漏りを阻止するために開発されたのが『ボルトキャップ』です。
折板屋根をボルト部分までしっかり上塗り仕上げをした後に『テンキャップ』と言うボルトキャップを取り付けます。
そうすることで、折板屋根の欠点である雨漏りをしっかり防ぐことができます。
岐阜県のヨシダ塗装では、折板屋根の塗装・メンテナンスを行う際に必ずテンキャップを使用しています。

折板屋根は主に工場や倉庫が該当します。
工場で作られている製品や保管してある倉庫の中の製品が、雨漏りによりダメージを受けてしまったら大変です。
折板屋根のボルト部分から雨漏りが起こるケースは、台風や豪雨、そして大雪といった場合です。
日常的ではなく天災から雨漏りが発生するケースが多いと言えるでしょう。
ボルト部分にテンキャップを使用すれば安心です。
ただ、テンキャップも劣化してしまうことがあるため、やはり定期的にメンテナンスが必要だと言えるでしょう。

また、折板屋根に使用されるコーキングが劣化してしまっても、雨漏りは起こります。
建物を建ててから15年を経過したらメンテナンスが必要だと言われていますので、コーキングの寿命もそのくらいだと覚えておきましょう。
折板屋根でなく、一般住宅の屋根もメンテナンスが推奨されている時期があります。

~屋根の平均メンテナンス時期~

・瓦屋根:25年から30年程度
・スレート屋根:10年程度
・板金屋根:30年程度
・折板屋根:15年程度

屋根が劣化しているかどうかを調べるには、専門業者に依頼するのが一番です。
素人目にはどの程度劣化しているかがわからないためです。
ヨシダ塗装のような腕利きの職人さんにお任せすれば、適切な施工方法を行ってくれます。
岐阜県・愛知県で屋根のメンテナンスを希望される方は、一度ヨシダ塗装に連絡してみてはいかがでしょうか。
折板屋根の長所と短所
イメージ写真1
家を建てたらそれで一生涯安心というものではありません。
家や建物を長持ちさせるためには定期的にメンテナンスが必要になります。
そんなメンテナンスで大活躍しているのがペンキ屋さんです。
ペンキ屋さんとは、住宅など建物の屋根、外壁などの塗装を担当している職人さんのことです。
家や建物をつくる際にも活躍していますが、メンテナンス時にも活躍しています。

岐阜県山県市で塗装・ペンキ業を営んでいる『ヨシダ塗装』は、2000年に独立・開業しました。
ヨシダ塗装を経営している吉田さんは、塗装・ペンキ屋として30年以上もの経験と実績を誇っています。
さらに、愛知県知多市で八十八ヶ所めぐりで有名な観音様までも塗装した実績があります。
ヨシダ塗装では、屋根や外壁塗装だけでなく、クロスの上にも塗装する室内塗装も手掛けています。
また、防水工事やシーリング工事、洗い工事(洗浄)なども行っています。
そんなヨシダ塗装は『折板(せっぱん)屋根』の塗装も手掛けています。

折板屋根とは、大型建物や長尺建物の屋根に調和する、強度とコスパに優れた金属屋根の屋根工法を指しています。
こちらは金属屋根の代表的なものであり、よく倉庫や工場などの建物に使用されています。
折板屋根の主な素材は、最近流行りのガルバニウム鋼板、もしくはカラーガルバリウム鋼板です。
ガルバニウムは、比較的安いのに高い強度を持っていることで、屋根だけでなく外壁にも使用されています。
折板屋根は、長い建物に適しており、どんなに長い屋根でも対応できるのが大きな特徴です。
軽量なため、その下の建物への負担が少なく、それでいて耐震強度を高めることができること。
そして、水はけが非常に良いため、雨に強いことがメリットと言えるでしょう。

では折板屋根のデメリットはというと『耐久性が低い』ことが挙げられます。
ただ、それは防錆加工や防水加工といった加工を加えることで解消することができます。
その防錆加工や防水加工こそがペンキ屋さんの仕事です。
しかし折板屋根にそういった加工を施しても、定期的にメンテナンスを行わなければサビが出てしまいます。
そのサビを放置することで、どんどん老朽化してしまうので、定期的にペンキ屋さんに依頼することをおすすめします。
また、折板屋根のデメリットとして『断熱性が低い』ことが挙げられます。
そのため、折板屋根の建物には、屋根の内側に断熱材を多めに入れられています。
最近では、断熱性に優れたガルバニウムも登場しているので、あまり心配する必要はないでしょう。
折板屋根のメンテナンス
岐阜県山県市で塗装・ペンキ業を営んでいる『ヨシダ塗装』は、屋根や外壁、室内などさまざまな建物の塗装を担っています。
ペンキ屋さんは新築の建物にも必要な職人さんですが、建物のメンテナンスでも重要な役割を果たしています。
建物は定期的にメンテナンスを行わなくてはなりません。
建物の材質は、年月とともにサビが出たり、劣化していくものがほとんどです。
それをきちんとメンテナンスしなければ、どんどん劣化が進み、耐久性も落ちていきます。
特に常に雨風や外気に晒されている屋根や外壁は、劣化が早いと言われています。
日本には四季があります。
その中でも梅雨時期や夏、冬は建物の素材にあまり良くない季節です。

そんな屋根や外壁などをしっかりとメンテナンスしてくれるのがペンキ屋さんです。
屋根には色々な種類がありますが、その中でもガレージや物置、倉庫などによく見られるのが『折板屋根』です。
折板屋根は、建ててから15年ほどで劣化症状が見られると言われています。

折板屋根のメンテナンス方法は大きく2種類に分けることができます。
まずは『塗装によるメンテナンス』です。
屋根から雨漏りがあったり、塗膜の劣化が見られた場合は、折板屋根を塗装することで補修することができます。
そして、折板屋根の材料に孔あきによる漏水がある場合は、塗装でなく『カバー工法によるメンテナンス』を施します。
ただ、主に行われているのは『塗装によるメンテナンス』です。

~折板屋根の塗装メンテナンス~

ここでは折板屋根の塗装メンテナンスの方法(手順)を紹介したいと思います。
ただ、折板屋根だからといって変わった事をするわけではありません。
他の建物や家の屋根メンテナンスと同じような手順になるのですが、ちょっと違うのはサビの除去やサビ防止の工程が入ることです。

①高圧洗浄
ただ洗浄しただけでは、付着している汚れを落とすことができません。
そのため、高圧洗浄機を使用して汚れやゴミなどを洗い流していきます。

②研磨
塗装の仕上がりは研磨(ケレン)で決まります。
研磨とは、折板屋根を綺麗に磨くことです。
これをしっかりやることにより、塗装の密着が良くなります。

③錆止め塗装(下塗り)
本塗装をする前に、素材にサビが出ないように錆止めを塗布します。

④本塗装(上塗り)
錆止めが乾いたら、屋根にペンキを塗装します。

ボルト部分も含め、ローラーをうまく転がしながら、均一に塗り上げていきます。
屋根の塗り替えやメンテナンスは、職人の技術力により仕上がりだけでなく「持ち」にもかなりの差が出てきます。
腕利きの職人として岐阜県で有名なヨシダ塗装なら安心してお任せすることができるでしょう。
折板屋根のボルトからの雨漏りとボルトキャップ
岐阜県山県市で塗装・ペンキ屋を営んでいる『ヨシダ塗装』は、岐阜県だけでなく、愛知県にも顧客を抱えています。
その実績は30年以上、愛知県の有名な観音様の塗装をした経験もあり、名実共に腕利きの塗装屋です。
そんなヨシダ塗装は折板屋根塗装も請け負っています。
折板屋根には、ボルト部分から雨漏りが起こってしまうという弱点がありますので、定期的に塗り替えなどのメンテナンスが必要です。
今回はその折板屋根のボルトからの雨漏りについて少しお話したいと思います。

折板屋根にはガルバニウム鋼材が使用されています。
それを固定するのがボルト・ナットです。
折板屋根の建物を新しく建てた際にはそういった問題は起きないのですが、年月とともに材質が劣化して起こると言われています。
そんなボルト部分の雨漏りを阻止するために開発されたのが『ボルトキャップ』です。
折板屋根をボルト部分までしっかり上塗り仕上げをした後に『テンキャップ』と言うボルトキャップを取り付けます。
そうすることで、折板屋根の欠点である雨漏りをしっかり防ぐことができます。
岐阜県のヨシダ塗装では、折板屋根の塗装・メンテナンスを行う際に必ずテンキャップを使用しています。

折板屋根は主に工場や倉庫が該当します。
工場で作られている製品や保管してある倉庫の中の製品が、雨漏りによりダメージを受けてしまったら大変です。
折板屋根のボルト部分から雨漏りが起こるケースは、台風や豪雨、そして大雪といった場合です。
日常的ではなく天災から雨漏りが発生するケースが多いと言えるでしょう。
ボルト部分にテンキャップを使用すれば安心です。
ただ、テンキャップも劣化してしまうことがあるため、やはり定期的にメンテナンスが必要だと言えるでしょう。

また、折板屋根に使用されるコーキングが劣化してしまっても、雨漏りは起こります。
建物を建ててから15年を経過したらメンテナンスが必要だと言われていますので、コーキングの寿命もそのくらいだと覚えておきましょう。
折板屋根でなく、一般住宅の屋根もメンテナンスが推奨されている時期があります。

~屋根の平均メンテナンス時期~

・瓦屋根:25年から30年程度
・スレート屋根:10年程度
・板金屋根:30年程度
・折板屋根:15年程度

屋根が劣化しているかどうかを調べるには、専門業者に依頼するのが一番です。
素人目にはどの程度劣化しているかがわからないためです。
ヨシダ塗装のような腕利きの職人さんにお任せすれば、適切な施工方法を行ってくれます。
岐阜県・愛知県で屋根のメンテナンスを希望される方は、一度ヨシダ塗装に連絡してみてはいかがでしょうか。

お気に入りの職人さんが見つかったら、メールかお電話でご連絡ください。指名された職人さんから直接ご連絡いたします。仲介手数料は一切かかりません。
お気に入りの職人さんが見つかったら、メールかお電話でご連絡ください。指名された職人さんから直接ご連絡いたします。仲介手数料は一切かかりません。
このページのトップに戻る
このページのトップに戻る

LINE @ee-shokunin 新着施工例配信中!