住宅リフォームの業者・職人を探すならええ職人ドットコムの検索・紹介システム。職人をご紹介します。
  • 会社概要
  • リフォーム職人・リンク集
  • プライバシーポリシー
  • 住宅リフォーム職人のログイン画面
お問合せは0120-292-801
スマホメニュー
フリーダイヤル 0120-292-801
余白

鳥取県東伯郡湯梨浜町  戸建住宅の外壁塗装工事

  • 住宅リフォームの職人・大工を探す検索・紹介ナビの職人インデックス
  • 施工例
  • 評判
区切り帯
プロフィール
施工例
評判
職人を指名
塗装・ペンキ屋  定常芳和の施工例
  • 統率の取れたチームワークと磨き上げた美技で実現する美しい塗装!鳥取の外壁を守る凄腕職人集団のボス!


  • 施工例写真1
    PAINT CREW代表の定常芳和さんを訪問しました。
    PAINT CREWは鳥取県倉吉市に近い湯梨浜町で外壁塗装をされています。
    定常社長と若手の2人のスタッフが和気藹々と現場を盛り上げています。
    PAINT CREW代表の定常芳和さんを訪問しました。
    PAINT CREWは鳥取県倉吉市に近い湯梨浜町で外壁塗装をされています。
    定常社長と若手の2人のスタッフが和気藹々と現場を盛り上げています。

  • 施工例写真2
    前日までの塗装作業の続きのために色作りが始まりました。
    一斗缶にヘラで持ち手を加工して塗装ペンキの容器を作られました。
    この容器に計量器で量った三分艶有塗料、硬化剤、薄め液を混ぜて塗装ペンキを作られます。
    前日までの塗装作業の続きのために色作りが始まりました。
    一斗缶にヘラで持ち手を加工して塗装ペンキの容器を作られました。
    この容器に計量器で量った三分艶有塗料、硬化剤、薄め液を混ぜて塗装ペンキを作られます。

  • 施工例写真3
    建物の周囲をペンキの垂れや飛び散りを防ぐため、養生シートを塗装面以外に敷き詰めてマスキングされています。

    塗装ペンキは若手スタッフが液の比率を定常さんに確認しながら準備します。
    建物の周囲をペンキの垂れや飛び散りを防ぐため、養生シートを塗装面以外に敷き詰めてマスキングされています。

    塗装ペンキは若手スタッフが液の比率を定常さんに確認しながら準備します。

  • 施工例写真4
    塗装作業では、水での高圧洗浄で汚れを流し落とし、下地塗り、色塗り、色仕上げ塗りの3回の塗装が施工されます。

    特に3回目の塗装では色がしっかり着いていることをチェックしながら仕上げられます。
    塗装作業では、水での高圧洗浄で汚れを流し落とし、下地塗り、色塗り、色仕上げ塗りの3回の塗装が施工されます。

    特に3回目の塗装では色がしっかり着いていることをチェックしながら仕上げられます。

  • 施工例写真5
    1回の塗装が1時間ほどで乾燥するので、作業チェックと未塗装箇所の確認は随所で行なわれ、3人が阿吽の呼吸で持ち場で作業に取りかかられます。
    1回の塗装が1時間ほどで乾燥するので、作業チェックと未塗装箇所の確認は随所で行なわれ、3人が阿吽の呼吸で持ち場で作業に取りかかられます。

  • 施工例写真6
    塗装する部位によってペンキの色が変わるため、容器、刷毛、ローラーを用意されます。
    ペンキ垂れしないように定常さんが黙って手出しされることもありました。

    一斗缶から容器に塗料を移す時には、一斗缶の口を上にすると空気が埋まらずに抜けるようです。
    計量器で量りながら移すときには空気抜けを上手にすることです。
    塗装する部位によってペンキの色が変わるため、容器、刷毛、ローラーを用意されます。
    ペンキ垂れしないように定常さんが黙って手出しされることもありました。

    一斗缶から容器に塗料を移す時には、一斗缶の口を上にすると空気が埋まらずに抜けるようです。
    計量器で量りながら移すときには空気抜けを上手にすることです。

  • 施工例写真7
    若手スタッフはペンキが着きやすいように塗装面をサンダーで起こし、トイや垂木に下準備されます。

    追うように下準備された部位に1回目の色塗装が行なわれます。
    若手スタッフはペンキが着きやすいように塗装面をサンダーで起こし、トイや垂木に下準備されます。

    追うように下準備された部位に1回目の色塗装が行なわれます。

  • 施工例写真8
    細かいところまで目視確認できるように足場の防塵ネットを先回りして外し、スムーズな塗装ができるようにします。

    塗装は刷毛とローラーで細部にまで塗り込まれます。
    細かいところまで目視確認できるように足場の防塵ネットを先回りして外し、スムーズな塗装ができるようにします。

    塗装は刷毛とローラーで細部にまで塗り込まれます。

  • 施工例写真9
    幕板部分の白い下地塗装の状態を確認して、塗装準備に取りかかります。
    3回塗装を終えた壁部分から掃除をしながら養生シートを外します。
    幕板部分の白い下地塗装の状態を確認して、塗装準備に取りかかります。
    3回塗装を終えた壁部分から掃除をしながら養生シートを外します。

  • 施工例写真10
    作業の邪魔にならないように移動しますが足場は多少揺れるので、そんな時にポーズを決めていただきました。

    定常さんの趣味はゴルフや野球だそうです。
    鳥取の近くにの大山の自然に恵まれたコースがお気に入りだそうです。
    野球のほうはナイターで楽しまれているそうです。
    作業の邪魔にならないように移動しますが足場は多少揺れるので、そんな時にポーズを決めていただきました。

    定常さんの趣味はゴルフや野球だそうです。
    鳥取の近くにの大山の自然に恵まれたコースがお気に入りだそうです。
    野球のほうはナイターで楽しまれているそうです。

  • 施工例写真11
    現場作業中にも問合せには丁寧に対応されます。
    作業過程での伝達方法のひとつとして養生シートのマークを発見しました。

    矢印から先を塗装するというメモで、スタッフ皆に伝えられます。
    現場作業中にも問合せには丁寧に対応されます。
    作業過程での伝達方法のひとつとして養生シートのマークを発見しました。

    矢印から先を塗装するというメモで、スタッフ皆に伝えられます。

  • 施工例写真12
    縁取りにはマスキングが活躍します。養生シートを外すときれいなラインで仕上がっています。

    細部を入念に確認しながら塗装されるときは、瞬きを忘れられたように向き合われています。
    縁取りにはマスキングが活躍します。養生シートを外すときれいなラインで仕上がっています。

    細部を入念に確認しながら塗装されるときは、瞬きを忘れられたように向き合われています。

  • 施工例写真13
    定常さんが2回目の塗装を終えた箇所をスタッフが3回目の塗装されます。
    出窓の屋根部分の塗装を任された若い男性は将来有望の修行中でした。

    ペンキ作りや用意をしていた女性は照れ屋さんですが明るい方で、現場を和やかにできる力を秘めておられました。
    定常さんが2回目の塗装を終えた箇所をスタッフが3回目の塗装されます。
    出窓の屋根部分の塗装を任された若い男性は将来有望の修行中でした。

    ペンキ作りや用意をしていた女性は照れ屋さんですが明るい方で、現場を和やかにできる力を秘めておられました。

  • 施工例写真14
    口数の少ない定常社長は塗りのチェックをしながら仕事ぶりをスタッフに伝えておられました。
    塗り作業ではペンキ垂れと縁塗りの仕上がりに注意されています。

    定常社長は、過去に壁コーキングの作業を神戸で経験され、鳥取にリターンされて修行から20年ほど塗装業を営まれておられます。
    口数の少ない定常社長は塗りのチェックをしながら仕事ぶりをスタッフに伝えておられました。
    塗り作業ではペンキ垂れと縁塗りの仕上がりに注意されています。

    定常社長は、過去に壁コーキングの作業を神戸で経験され、鳥取にリターンされて修行から20年ほど塗装業を営まれておられます。

  • 施工例写真15
    壁に設置されたトイ、出窓、幕板の塗装仕上りでは、サッシ周りの壁際チェックも抜かりません。

    足場の支えは塗装部分のキズ防止のため塗装する壁面から離して使用します。
    現場によりますが、足場設置から養生施工と塗装施工の作業で2週間ほどの時間を要します。
    壁に設置されたトイ、出窓、幕板の塗装仕上りでは、サッシ周りの壁際チェックも抜かりません。

    足場の支えは塗装部分のキズ防止のため塗装する壁面から離して使用します。
    現場によりますが、足場設置から養生施工と塗装施工の作業で2週間ほどの時間を要します。

  • 施工例写真16
    近年では塗料の質が良くなり、耐久性は塗装完了から10~15年間ほどだそうです。
    塗装の壁色やアクセント色の選定は、お施主様のご相談に応じられています。

    梅雨時期や冬期の雪には悩まされます。
    夏季には暑さでペンキの乾きが早すぎるそうです。
    やはり、春秋の温暖な季節が作業にはベストだそうです。

    定常さん率いるPAINT CREWでは、鳥取県を基盤として中国地方での多くのお客様から塗装のご依頼をいただけることが望まれるところだそうです。

    取材・撮影=廣瀬カメラマン
    近年では塗料の質が良くなり、耐久性は塗装完了から10~15年間ほどだそうです。
    塗装の壁色やアクセント色の選定は、お施主様のご相談に応じられています。

    梅雨時期や冬期の雪には悩まされます。
    夏季には暑さでペンキの乾きが早すぎるそうです。
    やはり、春秋の温暖な季節が作業にはベストだそうです。

    定常さん率いるPAINT CREWでは、鳥取県を基盤として中国地方での多くのお客様から塗装のご依頼をいただけることが望まれるところだそうです。

    取材・撮影=廣瀬カメラマン


この職人さんと直接お話しできます。お電話の場合は0120-292-801、メールの場合はクリック

塗装・ペンキ屋  定常芳和の施工例
区切り帯
  • 住宅リフォームの職人・大工を探す検索・紹介ナビの職人インデックス
  • 施工例
  • 評判
→前の画面に戻る

この職人さんと直接お話しできます。お電話の場合は0120-292-801、メールの場合はクリック

お気に入りの職人さんが見つかったら、メールかお電話でご連絡ください。指名された職人さんから直接ご連絡いたします。仲介手数料は一切かかりません。
お気に入りの職人さんが見つかったら、メールかお電話でご連絡ください。指名された職人さんから直接ご連絡いたします。仲介手数料は一切かかりません。
このページのトップに戻る
このページのトップに戻る

LINE @ee-shokunin 新着施工例配信中!